MENU

保湿をするための正しいスキンケア

普段のスキンケアをどのように行うかによって、的確に保湿がやれるか否かが違ってきます。
特に、洗顔による保湿というのはよく考えたい点ですが、
上手な洗顔方法を知らない人も多いため注意が求められます。

 

単に顔を強く洗っているというのもよくあるようですが、
最も重要なのは、洗いすぎないということです。

 

私たちの肌には皮脂という油分があるのですが、油分はベタベタするトラブルの引き金になるだけに限らず、
肌の水分が乾かないために大切なものでもあります。
乾燥肌の人などは、油分を多く含んだクリームなどを使うのでしょうが、
皮脂もこれと同じような役割を持っているわけです。

 

ところが洗顔のために皮脂が足りなくなってしまい、これにより肌の乾燥を引き起こしている人も相当にいます。
いつものように洗顔をしていても、力任せに擦ったり、熱湯を用いて洗顔を行ったりすると、
必要以上に皮脂を落としてしまうことになるので気を配る必要があります。

 

肌が乾きやすいという人は、朝にはぬるま湯を使ってそのまま洗い、
洗顔料の使用は控えるようにしてみてはいかがでしょうか。

 

肌がベタベタしてしまいきちんと洗いたいと思っている人も、保湿のことを思うのでしたら、
クリームなどを使用して必要な油分をカバーするのが賢いやり方でしょう。
メイク落としと洗顔でダブル洗顔になる人は多量の皮脂が取り去られて、肌を保湿する力が低下します。
ポイントメイクのみ部分的にきれいにし、顔全体のダブル洗顔は控えたほうが肌には良い影響があるでしょう。