MENU

手の保湿対策

手が乾燥しているときには、何も行わないでいるとあかぎれやヒビ割れが生じることがあります。
乾燥気味なら、早期に保湿をするようにして、ひどくならないように気をつけましょう。

 

手の油分を失わないことが大切なのですが、
手の油分は、お茶碗洗いや洗濯などで取り除かれてしまいます。

 

これを防ぐため、洗い物や洗濯をする際にはゴム手袋を使って手に水がついてしまわないようにし、
手洗いのあとはハンドクリームをつけるようにしましょう。

 

ですが、ゴム手袋は使い続けるうちに素材の劣化が多々見られますので気をつけましょう。

 

ゴムに対するアレルギーがある人もいて、かぶれてしまう場合もありますので、
このような症状が出たときにはポリエステル素材のものに変えましょう。

 

一日のうち数回クリームなどを使用して保湿を行うように気をつけると、
幾日かすれば乾燥しなくなるでしょう。

 

この他にも、寝る時にハンドクリームをたっぷり塗ったあと、
木綿の手袋を手にはめて保湿を実施する対策も有名です。

 

これは、翌朝には効果を感じることができますから、
あかぎれなど手荒れがひどい人も取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

木綿の手袋を選ぶのは通気性が良いためで、
手袋の中で蒸れて気持ち悪くなるなどの状態を避けることができます。

 

シャンプーや洗剤などによって、手はいつもの生活で刺激を受けやすい部位でもあるため、
徹底的にハンドケアを施すことが欠かせません。
体の乾燥が引き起こされやすい人は手もよく乾燥してしまうところなので
いつもの生活において保湿に注意しましょう。